メインメニュー


ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


テーマ選択

(2 テーマ)


陸平貝塚 WIKI の最新記事


[ リロード ]   [ 新規 | 編集 | 差分 | 添付 ]  [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | 未入力 | バックアップ | ヘルプ ]

Counter: 420, today: 1, yesterday: 0

 考古学は、いろいろな時代に地球上で暮らした人々が残した痕跡(遺物、遺構など)の研究を通し、人々のさまざまな在り方を研究する人文学あるいは人文科学の一つの分野になる。
 考古学の資料は無口なモノ資料であるので,それがあるだけでは何もわからないので,資料に語らせるためには,多くの調査と研究が繰り返される必要がある。
 考古学は、基になる資料の特徴に応じた研究をするのに必要な独自の方法がある。それは資料が出てきた位置と層から資料の「新旧」を判断する『層位学』と呼ばれる方法と資料そのものがもっている色々の特徴から,資料の推移を考える『型式学』と呼ばれる方法である。この二つの方法を組合せて資料の年代を決めることが調査と研究の第一歩である。

 考古学は、歴史学の一分野とみなされる傾向にあり、記録文書にもとづく文献学的方法を補うかたちで発掘資料をもとに歴史研究をおこなう学問ととらえられてきた。
 考古学は比較的新しい学問であり、18世紀末から19世紀にかけて地質学者たちによって組織的な研究が始められた学問だそうです。
日本では、動物学者であったエドワード・モースが1877年(明治10年)大森貝塚の調査を行ったのが、日本近代考古学のあけぼのとされている。

「この項目」は、陸平貝塚公園に関連した書きかけ項目です。
この記事を加筆・訂正等下さる協力者を求めています。

付箋機能(wema) メニュー 
付箋の編集
文字色: 背景色:
お名前:  線接続id:


ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。




Copyright(c) 2010 Okadaira Site All Rights Reserved.